スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

ジョナサン・ミラー演出《コジ・ファン・トゥッテ》/Royal Opera House

2007年08月04日
 アレン追っかけ旅行から帰ってきて早2週間経ちました。ようやく落ち着いてきましたので、忘れないうちに《コジ・ファン・トゥッテ》の舞台について、感じたことをまとめておくことにしましょう。

 と言っても、意識の99%はアレン(の挙動)にフォーカスしておりまして(*1)、残りの0.7%でミラーの演出を、0.3%でデイヴィスの指揮と他の歌手の歌唱をチェックしたという体たらくです。“絵”があると音楽なんて聴けなくなりますしネ。
 おまけに、ワタシが観たのは7/17、7/20の回ですが、どちらがどうだったとか細かい記憶もゴッチャゴチャ。かなり大雑把な感想になってしまいますがご了承クダサイ。

(あらすじは、まぁウィキペディアのこちらなどを。すんまへん、面倒だもんで)

ガランチャのドラベッラと、レガッツォのグリエルモ アレンの追っかけは置いといて、今回のROH《コジ》鑑賞のいちばんの目的はジョナサン・ミラーによる演出の妙技を堪能することでした。

 以前の記事でちょっと触れたことがありましたけれども、ワタシは「現代読み替え演出」があまり好きではありません。大抵は舞台上で行われていることが歌詞やテーマにそぐわなくなり、シラケます。そもそも歌唱あってのオペラなのに、奇抜な演出に頼るとはケシカラン。歌手はテキトーに突っ立って歌ってりゃいいのヨ!! という、音楽偏重主義者的なオペラ愛好家なのです。
 ん~基本的に、普段はCDしか聴いておりませんのでネ……(^^;

 そんな頑固なワタシに、「いやいや、オペラの楽しみは音だけじゃないよ?」と教えてくださったのが、ブログを始めて知り合った同好の方々。そして、6月の新国立劇場《ファルスタッフ》なのです。
 こちらの演出は「現代読み替え」ではありませんでしたが、スタイリッシュな感性はやはり現代的。視覚的に訴えるものでありながら音楽とも大変マッチしていましたし、古いオペラにありがちな矛盾したプロットを適度に補正して、現代人の合理的な感性に耐えうる作品に仕上げていたと思います。

 人物の動きも細かいながら、歌唱を妨げるほどではありません(演じるほうは大変でしょうが)。なるほど、ジョナサン・ミラーという人は、オペラをよく理解して愛している演出家なのだなと、一気に好感度大・興味津々となったわけです。

 で、ROHの《コジ》なんですけれども、まさに「良質の演出とパフォーマンスの勝利」といったところ。「《コジ》は地味でつまんない」と思っていたワタシを普通に笑わせ、それぞれのシーンの旋律における作曲者モーツァルトの「意図」をしっかり引き出しているんですね。もしくは、モーツァルトはそこまで考えていなかったかもしれませんが、200年後の私たちの笑いの感性を普通に受け入れることのできる懐の深さ、モーツァルトの職人芸が、ミラーの演出によって表出したということでしょう。

 ダ・ポンテによるスカスカな台本も、ミラーの演出なら納得です。
 舞台はナポリというだけで、フィオルディリージとドラベッラの姉妹がどういう家柄のお嬢さんなのかは全く不明。どこの馬の骨ともわからない怪しい男どもと結婚式まで挙げるというに、父親の姿はどこにも見えず。
 代わりに自称哲学者のドン・アルフォンソがやけに馴れ馴れしく姉妹の家を出入りしていますが(食客なんですかねぇ?)、このジジイと姉妹の関係も不明。姉妹と婚約している青年、フェランドとグリエルモとなぜ親しくしているかも不明。

 単に若い男女にスワッピングをさせたかっただけなのがミエミエな設定ですが、これぞ「シチュエーション・コメディ」の基本的な骨格なのです。

 シット・コムは設定自体がドラマですから、ストーリーなんてハナクソみたいなモン。勝負の要はキャラクターです(`・ω・´) シャキーン

 このキャラクター(特に若い男女4人)の描き分け/歌い分けが上手くいっている舞台や録音になかなかめぐり合えなかったのですが、ミラーの演出はその部分にもかなり意識的であった模様。自分が気になる部分をしっかり押さえてくれるアーティストは、それだけでファンになってしまいます。
 簡素な舞台美術も、「これはドラマじゃねーのよ、シット・コムなのよ。キャラの魅力で勝負だヨ」というミラーの自信の表れでしょう(たぶん)。ワタシにとっては大変好感の持てるものでした。

Read more "ジョナサン・ミラー演出《コジ・ファン・トゥッテ》/Royal Opera House"


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
スポンサーサイト

アレン追っかけ旅行記 in ロンドン INDEX

2007年08月03日
ごめん、またこの画像を使うわ トーマス・アレンのオペラを生で観たい!! どうしても観たい!!

 今さら来日してくれそうもないし、そんなら、こっちから追っかけて行ってやる!!


 2007年1月、なぜか突然そんな“病”にとりつかれてしまいました。

 イイ年をして海外旅行の経験皆無。いや海外どころか、国内旅行の経験だってほとんど無いゾ。ましてや一人旅などもってのほか!! ってゆーか、旅行なんて大嫌い。金はあるけどまとまった休みなんかとれないし……。

 そんなハンデ(?)を乗り越えて、ほぼ半年かけて準備をした結果。
 2007年7月、本当にロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスへ行って来てしまいましたとさ。

 目指すはモーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》。アレンはドン・アルフォンソを演じました。

 オペラも海外旅行も初心者なワタクシの、超ドッキドキな旅の顛末を記しておきます。
 旅慣れた人の旅行記とは比べ物になりませんが、同じような夢を抱いているけど、いろいろな事情から二の足を踏んでしまっている方がもしいらっしゃったら、その背中をちょっとでも後押ししたい。そんな記事になれば幸いです。


アレン追っかけ旅行記 in ロンドン1--- 7/15 成田出発~ホテルへ
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン2 --- 7/16 朝食と、ロンドンの地下鉄
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン3 --- 7/16 ROHはどこだ?
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン4 --- 7/17 ロンドン観光と《コジ・ファン・トゥッテ》1回目
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン5 --- 《コジ》1回目のつづき/下唇は見えなかった・・・(´・ω・`)
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン6 --- 7/18 ロンドンのお天気と《リゴレット》
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン7 --- 7/19 ショッピング三昧。そして、お別れ。
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン8 --- 7/20 アンティーク・マーケット、大雨洪水注意報
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン9 --- 7/20 ROH着物ソサエティ、《コジ・ファン・トゥッテ》2回目
アレン追っかけ旅行記 in ロンドン10 --- へっぽこ写真あれこれ

*連載終了。

↓コチラもどうぞ。
ジョナサン・ミラー演出《コジ・ファン・トゥッテ》/Royal Opera House


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

アレン追っかけ旅行記 in ロンドン10 --- へっぽこ写真あれこれ

2007年08月02日
※このカテゴリの更新は終了しました。

 最古の記事はこちら→◇やっぱ行くか?--アレンのコジ@コウ゛ェントガーデン
 旅行記の目次と連載第1回はこちら→◇アレン追っかけ旅行記 in ロンドン1--- 7/15 成田出発~ホテルへ


----------------------------------------

 オペラとは何の関係もありませんが、旅行中に撮ったいくつかの写真をアップします。
 へっぽこな写真ばかりでスミマセン。


■ケンジントン宮殿と、ケンジントン・パーク
200708020100292.jpg   200708020100294.jpg
 ロンドンはなにげに東京と共通点がたくさんあって……その一つが「公園の多さ」。
 その昔の貴人の邸宅が今では庭園になっている、そんな場所が都内にもたくさんありますネ。ケンジントン宮殿の場合は、実際にチャールズ・皇太子とダイアナ元妃がお住まいになっていましたな。


■ケンジントン宮殿に行く途中で立ち寄った教会
200708020100296.jpg   200708020100298.jpg
 こんな教会が街のあちこちに建っていて、もちろん毎日曜日には普通に礼拝が行われています。キリスト教徒としては、羨ましい環境ナリ。

■パブにもいろいろ行きました。
200708020101434.jpg   200708020101436.jpg
 イギリスに行くのなら、とりあえず体験してみたい、パブでのお食事。
 こちらは、ウエストミンスター寺院の近くで発見した、間口の狭いちょっと歴史を感じさせるパブ。周囲はオフィス街っぽいのに、こんなカワイラシイ雰囲気のお店がポツンとあって……。


■ご満悦のしまタン
200708020101438.jpg
 アレンとのデートオペラ鑑賞の前に腹ごしらえ。まだ自分の胃袋を過信していた……。


■ワタシが大いに苦しんだイギリス伝統料理
20070802010029.jpg   20070802010143.jpg
 左が、フィッシュ&チップス。右が、ナントカというパイ。
 誤解のないように言いますと、味はとっても美味しいのですよ。
 フィッシュ&チップスは白身魚で、海苔弁当の魚のフライによく似たお味。パイもコッテリしていてイケます。
 ただね……量と油と、マッシュポテトがね……ワタシの胃袋と腸の繊毛体には重すぎたようで……。やっぱ炭水化物は、パンかお米で摂取したいものです。


■ウェストミンスター寺院
20070802010501.jpg   200708020101432.jpg
 時間をかけて見る価値のあるところ。チャンスがあったらミサにも参加してみたいです。


■ウエストミンスター宮殿(国会議事堂)の時計塔“ビッグ・ベン”
20070723180248.jpg   200707231802482.jpg   20070802015522.jpg
 今回は、残念ながら近くを通っただけ。でも写真を撮ることだけは忘れない(笑)
 左の写真は、ロンドンアイ(観覧車)から撮ったものです。
*8/3追記 国会議事堂の正式名称(?)初めて知りましたヨ(*´∨`) 椿姫さん、ご指摘感謝!!


■ホテルの部屋と、チェックアウト後に行ったナショナル・ギャラリー
20070729144628.jpg   200708020105018.jpg
 ホテルではずっとツイン・ルームだったのですが、最終日だけダブルの部屋に移動。
 実は手違いで、予定より1日早い、7/20の夕方にロンドンを発つことになっていたのです。それに気付いたのが出発の二週間前(*゚Д゚)!!
 20日いうたら、最前列で《コジ》を観るつもりだった日でショ。大慌てで旅行会社に問い合わせて、滞在を1日延ばしてもらったのです。ギリギリまでどうなるかわからなかったので、本当に冷や冷やしました。
 
 ナショナル・ギャラリーでは、カルロ・クリヴェッリの《受胎告知》を観ることができたのが嬉しかったです。写真なんかで観るよりずっと色鮮やかで、ベンチに座ってずうっと眺めていました……。

 その他、ホテルの近くの墓地(!)に何度かお散歩に行って、お墓の写真をたくさん撮ったりもしたのですが、変なモノが写っていても困りますのでそれはアップしないでおきます(笑)
 大きなリスが2、3匹、墓石の上で戯れていたりして、とてもカワイかったのですよ。

 次にイギリスに行く時は、もう少し写真の腕も上げておかなくては……。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。