スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

アレン追っかけ旅行記 in ロンドン2 --- 7/16 朝食と、ロンドンの地下鉄

2007年07月23日
 ホテルでの朝食はコンチネンタル。この手のタイプの食事も初めてです。

 イギリスから見て「ヨーロッパ大陸風の」朝ごはんという意味らしい。パンとコーヒーのみの簡素なものを指すようです。
 私が泊まったホテルではパンは3種類用意されており、その他シリアルや果物、ヨーグルトなど。初日はハムもありました(なぜかその後の5日間は、ハムは一度も出てきませんでしたが)。

 イギリスの朝ごはんといえばイングリッシュ・ブレックファストですが。それに比べるとちょっと味気ない感じですね。

 でも、日本で朝食を食べる習慣が無い私にとっては、コンチネンタルで十分。

 日本の旅館に泊まると、しばしば朝から豪勢な朝食が出てきますが、私はあれが苦手なのです。旅先ではかなり食欲が落ちるほうなので、それでも無理して食べるのですが、その後必ず気分が悪くなってしまうのです。

 ロンドンの滞在中は、毎朝ジュースとパンひとつ、それから果物にヨーグルトをたっぷりとかけたものをいただきました。これが意外と調子がよく、日本に帰ってからもこの習慣を続けたいと思いました。やっぱり朝ごはんは食べたほうがいいでしょうから。



※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
 さて、朝食の後にまた周囲を散策してから、本格的にロンドンの中心部へ出かけることにしました。
 友人とはホテルのロビーで14:30に待ち合わせしていましたので、それまでにコヴェント・ガーデンのオペラハウスの場所を突き止め、チケットを受け取って帰って来るという計画です。

 チケットなんて、開演の30分前まで(だったかな?)に受け取れば十分に間に合うのですが、せっかくだからホテルからオペラハウスまでの道順をしっかり頭に叩き込み、所要時間もしっかりチェックして、当日慌てないようにしておきたいものです。

 計画性の無い私のこと。日本ではいつも開演ギリギリに飛び込んだりしているんですが、ここは外国です。そんな綱渡りをして万が一開演に間に合わなかったりしたら、泣くに泣けませんもの。

 ガイドブックをいちいち開くのは面倒なので、駅でロンドンの地下鉄路線図を手に入れました。
 目指すはピカデリー線のコヴェント・ガーデン駅。東京の地下鉄と同じように、ロンドンでも路線図はちゃんと色分けしてありますし、駅の表示も同じ色で出てますので大変わかりやすいです。

 驚いたのは、乗り降りや乗り継ぎ等、実際の利用勝手も東京の地下鉄よりもずっとわかりやすかったこと!!(*゚Д゚)

 はじめは「迷うかな?」と心配だったのですが、東京のように地下道が迷路のように張り巡らされているわけではありませんし、中にはそういう駅もありますが、初めての線でも一度も迷いませんでした!!(帰国したとたん、東京駅ではまたもや迷ってしまったというのに)。

 たぶん、表示がシンプルで、しかも目につきやすい場所にちゃんとあるからだと思います。ホームのどの部分で降車しても、出口(way out)の方向を指し示す看板があるんです。東京の地下鉄では出口がたくさんある上に、出口の場所がかいてある表示をまず探さなくてはなりません(ホームの中ほどまで行かないと無かったりしますよね?)。

 また、ロンドンの地下鉄は車両も小さくて狭いことで有名ですが、そのお陰で座席に座っていても壁の路線図がよく見えます。しかも、東京の場合は路線図はドアの付近にしかなかったりしますが、ロンドンの場合は車両のいたるところに掲げてあるので、立っていようが座っていようが駅名をチェックできるんですね。
 その辺が大きな理由なんじゃないでしょうか。

 人生の半分以上を東京で生活しているくせに、いまだにしばしば地下鉄で迷子になってしまう方向音痴の私が言うのだから、信用していただいて大丈夫です(笑)

 今回のロンドン滞在では、赤いダブルデッカーには一度も乗る機会がありませんでした。それがちょっと残念ですが、ロンドン内の観光なら地下鉄を乗り継いでいくのがいちばん簡単なんじゃないでしょうか。
 この辺も東京と似ていますね。旅慣れないはずの私が2日目にしてロンドンになじんでしまったのは、「東京での生活とほぼ同じ行動パターン」をとることができたからなんではないかと思います。

 そうそう、ROH行きの話をしていたんでした。

 アールズ・コートからコヴェント・ガーデンまでは駅7つ。測ってみたところ、所要時間は30分もかかりません。
 ホームから地上へ上がる手段が、まるで貨物用のような怪しげなリフト(エレベーター)というのはさすがにビビリましたが、みんなと一緒なら怖くはないサ。

 いやいや、もう、ロンドン楽勝~!┐(´ー`)┌

 この時点でかなり調子に乗っていた私ですが、コヴェント・ガーデンの改札を出たとたんに、その自信は一気に萎えてしまいました。


 なんじゃい!?

 この、渋谷か原宿のような人混みは!?


スポンサーサイト


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。