スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

アレン追っかけ旅行記 in ロンドン3 --- 7/16 ROHはどこだ?

2007年07月23日
 オペラハウスのある場所ですから、てっきり東銀座の歌舞伎座の周辺のような、落ち着いた場所を想像していたんですが……。

 改札を出たら、いきなりものすごい人混みです。月曜日ですし、たぶん殆どが観光客なんだと思いますが、まぁ本当に、土日の原宿や渋谷のよう。
 ここでスリなんかにあったら大変と、ショルダーバッグを後生大事に抱え込んで、必死で人をぬって歩きました。悠長に立ち止まって、ガイドブックや地図を広げている余裕なんてありません(←いや、地図見ろよ)

 オペラハウスの建物は写真で何度も見ていますから、こうなったら動物的勘を働かせるしかない!!(`・ω・´) シャキーン
 と、歩き始めたはいいものの、行けども行けどもそれらしき建物は見えてこず。
 そうか、人が少ない方角を目指せばいいのかな!? とグルグル歩き回ることおよそ30分。ふと気が付くと、レスター・スクエア駅が見えるじゃないですか。(参照:コヴェント・ガーデン周辺マップ

 反対方向だよ~ヽ(`Д´)ノウワァァン!! (←だから、地図を見ろってば)



※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
 コヴェント・ガーデンというのは巨大なショッピング広場でして、古い建築の多いロンドンでは珍しく、新しくて(ちょっとチープな色使いの)建物に囲まれています。私はパッと見で、東京ディズニーランドのエントランスなんかを連想しましたが、ホント、あの一角だけテーマパークみたいな雰囲気があるんですよね。

 露店もたくさん出ていて、若者が好きそうな可愛いアクセサリーを売っていたり、ミュージシャンのブロマイドが売られていたりもしました。かと思えば、それなりのブランドのお店が並ぶ通りもあります。だから尚のこと、原宿や表参道っぽい現代的でオシャレな雰囲気が漂って感じられるのかな、なんて思ったり。

 さて、人混みを避けたらレスター・スクエアへ出てしまったんだから、今度はあえて逆を目指してみるか。と、意を決して人混みに突入。ウロウロすること10分あまり(←なんで見ないんだよ、地図…)

「あ、あの獅子とユニコーンの紋章は……!」

↓クリックで拡大
ボックス・オフィス……!!

 まさしく、イギリス王家のものじゃないですかぁ~!!

 ってことは、ここがオペラハウス?
 おおっ、回転扉の上にはちゃんと「BOX OFFICE」の二文字が:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 どこをどう通ったのかは全く覚えていませんが、いつのまにかオペラハウスの裏側に来ていたようです。道理で、ここだけ妙に落ち着いた雰囲気だと思っていたのヨ。

ROHの裏側


 さっそく表に回ってみました。

 おお……これは、まさしく……

roh

憧れの、ロイヤル・オペラ・ハウスです……(*´Д`)


隣接する、ガラス張りのフローラル・ホールもこの通り。

フローラル・ホール

ワタシの写真の腕が悪いのが悔やまれます……。

ドキドキしながら近づいてみると、

追っかけ対象、サー・トーマスのお姿が……:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 

兄さん……:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
(↑「もう見飽きたよ」なんて言わずに、ご覧ください。クリックで拡大ね)

 間違いありません。
 ここで《コジ・ファン・トゥッテ》、アレンのドン・アルフォンソが観られるのです。じぃぃん……。

下唇拡大図 ポスターの前に立ち尽くすこと、およそ5分。間近で見ると、下唇がまじでスゴイんですが。
 兄さんのまるで豚ちゃんかイノシシのようなご尊顔を堪能してから、ボックス・オフィスに出向き、7/17,7/20の《コジ》のチケット1枚ずつと、7/18の《リゴレット》のチケット2枚を受け取りました。

 ボックス・オフィスのお姉さんは、上記の不思議なチケットの枚数に微妙に「??」ってな態度を見せましたが、チケットを受け取った瞬間の私がきっとものすごく幸せそうな表情をしていたんでしょう、何とな~く事情を察した様子でした。ブッキングした時の住所はばっちり「JAPAN」と記録されておりますしね。
 まさか追っかけの対象が今年64歳(←失礼、63歳のはずです。兄さんゴメンネ)のおじいちゃまだとは思わなかったでしょうが、感激のあまり英語のおぼつかない私に大層親切に接してくれました。

 クレジットカードとコンファメーション・メールの提示は求められませんでした。「絶対持って来い!」と書いてあったから、何度も確認しながらメールのコピーを持ってきたのに。なんてテキトーな応対。
「見せなくていいんですかね?」と聞いたのですが、「いいのヨ、いいのヨ」ですって。

 初日に旅行会社の人が言っていた言葉が頭をよぎります。

「イギリス人は適当ですから~」

 やっぱガセじゃないらしい……(*゚Д゚)

 その後、友人との約束の時間ギリギリまで、コヴェント・ガーデン駅とROHとの間を3往復し、道順を頭と体に叩き込みました。おかげで目をつぶってもちゃ~んとたどりつけるほどに。

 帰りにはビジネスマン風の男性に普通に道を尋ねられましたぜ(*´∨`) エヘン

スポンサーサイト


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。