スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

アレン追っかけ旅行記 in ロンドン6 --- 7/18 ロンドンのお天気と《リゴレット》

2007年07月28日
 翌18日のメインイベントもオペラ鑑賞。
 この日の演目は《リゴレット》。一人ではなく、友人とのおデートです。

バッキンガム宮殿。突然のお天気雨!! 前日と同じく、午前中は観光とショッピング。おのぼりさんコースでバッキンガム宮殿からスタートしました。
 その後グリーン・パークを散策してから地下鉄でピカデリー・サーカスへ移動し、フォートナム&メイソンでお土産の紅茶を買いました。

 ところで、この日は朝からロンドンの不思議なお天気を体験しました。

 出発前から「寒いよ」と警告されていたロンドンの気候。感覚としては、東京の10月下旬~11月頭頃の「秋晴れ」を想像していただければ最も近いんじゃないかと思います。朝晩の風もそのくらい冷たいです。
 なんと、暖房をつけて寝た日もありました(さすがにワタシだけかと思いますが)。

 ただし、日中の日差しはかなり強くて、まともに浴びると痛いくらい。滞在中「暑かった」という記憶はほとんどないのに、けっこう日焼けもしました。

 そして、日差しはそのままなのに、しょっちゅうバラバラと雨が降るのです。「お天気雨」というやつですが、傘が無いとやってらんないくらい本格的に降るのですね。
 この日は特に、それが何度か繰り返され、雨が降れば当然気温も下がりますから、日差しは痛いのにコートを羽織ってブルブル。

ピカデリー・サーカスの交差点。この電光大看板がビミョーにショック… ピカデリー・サーカスのど真ん中では、冬コートにブーツを履いた女性二人を見かけました(そこまでは寒くなかったケド)。大きな荷物を持っていたので旅行者だったのだと思いますが、そういう格好がさほど変にも感じないくらい肌寒い日でした。

 夕方近くになってからコヴェント・ガーデンに移動し、ガラクタ系のお買い物。ジャンクな面白いモノがいっぱいあるので、職場の下士官どもにバラまくのにもってこいです。
 調子にのってクダラナイものを買いまくっていたら荷物が二つに。で、そのままオペラハウスへ入ったのですが、入り口でバッグの中身チェックをしている兄さんに、
「Two !? 」
 と、笑われました。 ウ、ウルセー!!


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
ハイハイ~。何度でもクリックして拡大しましょう~♪ 余談ですが。
 友人に、「素敵でしょ~!?」とこのポスターのアレンを見せたところ、
「いやぁぁぁ~!! 何ナノ、この下唇は!? 信じられない!! どうしてこんなオゲレツな形になるの!?」
 と、人目を憚ることなく、真剣に拒否反応を示してくれました。
 何さ、照れちゃって┐(´ー`)┌


 さて《リゴレット》ですが、この日はリーズナブルなお席で観ました。
 
 AmphitheatreのL列69,70です。
(参照:ROH公式サイトのInteractive Seating Plan. 「Click this botton to open up the Main House Seating Plan」という紫のボタンをクリックすると、座席の位置と舞台の見え方が確認できます。
 簡易座席表はコチラ

 いわゆる「天井桟敷」席。仮に平土間とストールズ・サークルを1階席とした場合の4階部分で、すぐ頭上に客席ホールの天井が見えます。
 かなりの急勾配のため、高所恐怖症の人はちょっとダメかもしれません。

7/18 ワタシたちの席からの舞台の眺め ←舞台の眺めはこんな感じ。うわー遠い……(つД`)

 歌舞伎座の幕見席からの景色もこんな感じでしたでしょうか。

 チケットをとるのがギリギリだったため、お値段が安くて二人並んで座れる席といったらココくらいしかなかったのです。高額の席でしたら他にもいくつかあったのですが、「特に知ってる歌手も出ないしなぁ…」とケチってしまいました。ちなみに30ポンド(現在のレートで¥7200ちょい)。

 でも、あまりにも遠すぎて、舞台で行われていることが(近眼のワタシには)よく見えない。面白そうな演出だったのですが。
 たまたまかもしれませんが、上演中に3回はこの辺りの席から携帯電話の音が鳴りましたし……。

 オペラ鑑賞はケチるなかれ。

 円安とはいえ、ストールズの席だって来日お引越し公演のS席ほどは高額ではありません(と言っても、歌手や劇場の知名度によってピンキリなので…。まぁ、ほぼ同等という感覚でいいのかも)。 滞在中に何度も通うのであれば、お財布と相談しなければなりませんが、オペラ鑑賞が海外旅行の主たる目的でしたら、やはりそれなりの席を確保するのも良いと思いました。

マントヴァ公とマッダレーナ 今回のROH《リゴレット》は、Wookyung Kimマントヴァ公が話題だったようです。

 パヴァロッティは神なので置いといて、その他、マントヴァ公としてワタシが納得がいく歌唱をしたのはアルフレード・クラウス。で、今回のWookyung Kimも、アジア人らしい軽いテノールで、どことなーくクラウスを彷彿とさせる明るい系の歌唱でよかったです。自堕落きわまりない公爵なのに、ちゃんと上品な響きも感じられるんですね。

 ジルダ役のPatrizia Ciofiも、最初は、発声で“ポジション”に当たるまでに時間がかかるのかな?という感じを受けましたが、聴いているうちに気にならなくなり。かなり聴かせる歌手だと思いました。次第に惹きこまれましたもの。

 残念ながら印象が薄かったのがリゴレットのFranz Grundheber。やはり、タイトルロールが弱いと辛いものがあります。リゴレットが歌うシーンは全て長く感じましたし、彼もまたヌッ○風に歌うんだなぁ……昨今のスタンダードなのかしら……(´・ω・`)

 ところで、ROHに通いつめた3日間、幕間で興味深い光景を目にしました。オジサンもオバサンも老いも若きも、みんなアイスクリームを食べているのです。
 ROHの中って寒いんですよ。ワタシなんてストールにくるまってブルブル震えているというのに。

 お金持ちの方々は、フローラル・ホールに移動して優雅にシャンパンを飲んでいたのかもしれません。

 ワタシと友人は、廊下に飾ってある新旧の舞台写真を眺めて楽しみました。ティト・ゴッビやジョン・ヴィッカーズを見つけて感慨に浸ったり。

 最も興奮したのが、トーマス・アレンのロドリーゴ@《ドン・カルロ》の舞台写真です。
 録音には残っていませんが、やっているんですね、普通に(笑)
 あのか細い声で、どのツラ下げてヴェルディを!? と、またまたネタにしてしまいそうです。ちゃんとホモ臭く演じたのかしら?

 真性ヴェルディバリトン、ピーター・グロソップの写真は、ワタシが見る限りではみつかりませんでした。残念。

スポンサーサイト


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。