スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

第2次アレン追っかけ旅行記 INDEX

2008年03月15日
 ※こちらのカテゴリは更新を終了しました。
 クラシック音楽ランキング ←再開しました。クリックよろしく♪

----------------------------

ROHの魔笛 「アレンのスケジュールがつかめず困っています…(´・ω・`)」
 「だったら本人に聞きましょーよ!

 この一言から始まりました。

 ROHの《魔笛》のキャストにアレンの名前があることはずうっと前から知っていたけど。行くつもりなんて皆無だったワタクシ。

 だって、ちょい役よ? 前回はアルフォンソだったからよかったけれど、弁者よ? 弁者
 歌の部分なんて殆どナシ。あとはセリフと、舞台中央に突っ立ってるだけ。しかも、2003年のDVDでは「声が出にくそうだった」という、私的にはけっこう萎えな役柄ざますよ?

 昔はかわゆいパパゲーノだった兄さん(←その頃はファンじゃなかったがw)がショボイ端役を演じているのを尻目に、活きのいい現代のパパゲーノを鑑賞しなくちゃならないなんて。高いお金を払ってショボーン(´・ω・`)な気分になりにいくようなものじゃないっ。

 …などとイジケている私に、誘ってくださったSardanapalusさん(以下、サルダナさん)からのプレゼント。
 03年の《魔笛》のDVDです。ええ、ワタクシ未聴だったので。

「この演出の弁者はちょっと面白いんですよ。観てから決めてくださっていいですよ~」

 ええ、観て即決しました、ロンドン行き。

 弁者だろーが僧侶だろーが、声がシワシワのガラガラだろーが、あたしゃ舞台のアレンを観たいのヨ!!(`・ω・´)

 それに、弁者ごときでかぶりつきってのもネタとしてけっこうオイシイ。ええ、ネタのためならカラダも財布も張りますわ♪

 というのは単なる言い訳で、結局はアレンを口実に日本を短期脱出したかっただけなのかもしれませんが、またもや職場に迷惑をかけまくっての有休取得となりました。

 ネタをはじめ、ちょっとカンドーなエピソードも満載な今回の旅行記。INEDXはコチラ(↓)です。

-------------------------------

睡魔に撃沈 -- ロイド弁者の《魔笛》
着物でオペラ♪ -- アレン弁者の《魔笛》1回目
サー・トーマスのサイン会 -- “オレ様の新譜ヨロシク♪”
デイヴィッド・マクヴィカー演出《サロメ》/Royal Opera House (実演レポ)
アレン弁者の《魔笛》2回目 -- しんみりと出待ち
ロンドン“暇つぶし”観光写真
Royal Opera House《魔笛》--歌手について(実演レポ)
デイヴィッド・マクヴィカー演出《魔笛》/Royal Opera House 1 (実演レポ)
デイヴィッド・マクヴィカー演出《魔笛》/Royal Opera House 2 (実演レポ)
英国土産(おまけ)

-------------------------------

 アレンの話題ばかりで恐縮ですが、キーンリーサイドをはじめ、ミリング、マルトマン、キューマイヤーのパフォーマンスにもしっかり触れるつもりですので…m(_ _)m

 クラシック音楽ランキング ←応援のクリックお願いします♪
スポンサーサイト


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。