スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/

七夕の夜 “彦星サマ”のリサイタル@ウィグモア・ホール

2008年07月13日
ウィグモアホールのエントランス 室内楽や器楽、声楽のコンサートホールとして知られるウィグモア・ホールは、ロンドン中心部のやや北側、ちょっとおハイソなメリルボーンという地区にあります。

 前身であるBechstein Hallがオープンしたのが1901年、ウィグモア・ホールとしての歴史は1917年から。かのベンジャミン・ブリテンもここで演奏したことがあるそうです。

 600席足らずの小さなホールで、ロンドナーズでもクラシック好きでなければ知らない、まことに“通”っぽい施設です。
 独自のレーベルを有しており、2005年のアレンのライブがCDで発売されている関係で、私もこのホールの存在を知りました。いつかここでアレンの歌曲を聴きたいと思っておりましたので、夢が叶ってとっても幸せ(*´∨`)

 この日のお天気はたいへん涼しく、朝から強い雨がざーっと降ったりやんだりの繰り返し。夕方、ホテルで着替えをしていた時など、そう遠くないところで雷が鳴ったりして、その時には「あーもう、サイアクヽ(`Д´)ノ!!」とプンスカしていたんですが。

 でも、7月7日いうたら「七夕」でショ!! 「七夕」いうたら、織姫と彦星が1年に1回の逢瀬が許される日なわけでショ!!
 アタシだって半年ぶりに愛しの兄さんに逢いに来たんだいっ!!  雨が降ろうと槍が降ろうと、絶対に着物で出かけてやるっ(。+・`ω・´)シャキィーン☆

 と、なかばヤケクソ状態で、厚化粧と着付けに奮闘します。

 やがてお仕事帰りの椿姫さんと合流。連れ立ってホテルを出た時には普通に雨が降っていましたが、セントラルラインのボンドストリート駅で下車し、ウィグモアに着いた頃にはほとんどやんで、うっすらと日の光もさしてきていました。

ウィグモアの内部1 さっそく中に入って、椿姫さんにあちこち案内していただいたり、写真を撮っていただいたりしました。

 ウィグモアの内装はルネッサンス様式だそうで、壁面には大理石やアラバスターが使われています。写真でも、廊下の天井にはアーチが見えますし、この奥にホールがあるのですが、ステージの頭上は半円のドームになっていましたっけ。

 しかし、そういうのも後から写真を見れば確認できるのですが、この時の私は既に頭の中が真っ白状態。いや、脳味噌がピンクの綿飴みたいに、ぽわわわわ~んとなった状態、とでも申しましょうか。落ち着いて周囲を眺めながら感慨にひたる……なんて余裕、ありません。

 だってさ~だってさ~椿姫さんがご用意して下さったチケット、↓こ~んな↓素っ晴らしいお席だったんだもん~(人´∀`).☆.。.:*・゚



※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/
--------------------------------
ウィグモア座席表 ど~ですぅ~? スゴイでショ~??

 ピンクのマークをつけた席ざますのよぉ~?(*´∨`)

 天の川オーケストラピットに間を阻まれることもない、モロに目の前にアレンちゃんなのよぉ~???

 体臭だって嗅ぎ分けられちゃうくらいの近さなんだからぁ~(*´艸`*) イヤン(*´艸`*)イヤン (*´艸`*)イヤン (*´艸`*)イヤン (*´艸`*)イヤン

 椿姫さんのお席は私の真後ろなので(そーなんです。かぶりつき席は私に譲ってくださったのです)、時々後ろを振り返ってお話しながら、もー心臓はバクバク。

 はるばる来てヨカッタよ~・゚・(つД`)・゚・

 なんて、まだ始まってもないうちからテンション極限まで上がっちゃってサ。

 そして、定刻の19:30になりまして、場内の明かりが少しだけダウン(注:真っ暗にはなりません)したと思ったら――

 奥の右側の扉がさっと開いて、








キタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!








兄さん じーちゃん彦星登場。
じーちゃん登場 ←Photo by 椿姫さん







 つか……






 顔デッカ~い・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・





 渋いホールでの渋いコンサート。集ったお客様も渋い年齢の方ばかりだし、私もなるたけお上品にクールに鑑賞したいところなんですけど、ホンモノを目の前にするとダメですね。理性が飛びます。
 できることならその場でひっくり返って暴れたかったですけど、椿姫さんに恥をかかせるわけにはいかないので、グッと我慢。

 それにしても、また一段と老けましたですねぇ~、アレンちゃん。
 今年の誕生日は来ていないので、まだ63才のはずなんですけど。目元もしょぼしょぼしているし、5~6才は上に見えます。

 お顔やお腹のお肉もますますどっしりとついてきまして、いやぁ実に貫禄たっぷり。
 
 彦星さんっつうか、これじゃアナタがですわw


 2月の時にも思ったんですけど、このオフィシャルフォト。
 オレ様ってカッコいい♪
 そろそろ差し替えたほうがよろしいんじゃなくて?(別人よ、別人)

 ん~でも、これだけ恰幅がよければ、9月にロールデビューする予定のジャンニ・スキッキ、(外見だけは)それっぽくなっていいのかなぁ……なんて、余計なお世話的なことを考えてみたり。

 まぁ、めっきり老けたのは外見だけで、歌い手としてはまだまだ十分にイケてます。特にこの日は調子が良かったんでしょう。おそらく、私が今まで体験した生アレンの中では最高の歌唱を聴けたと思います。
 低音はね、まぁ、アレですけど、高音域はすばらしかった。

 ワタクシ、この人がある一定以上の高音を出す時に見せる、

 こーゆー顔↓
 こーゆー顔
 が好きなんですけど。

 今回もこーゆーお顔をいっぱいやってくれて――







 え、若すぎて反則? イメージわかない?






 うるさいなぁ。






 じゃ、コレ↓ 
 こーゆー顔ね
 なんか文句ある?


 ――この人のこーゆー顔が好きなんですけど。

 今回は至近距離からこーゆーお顔をたっぷり観察できて、下唇もめくれてたし、唾液が飛ぶのも3回は見たし、ナマ歌の臨場感にどっぷり浸って至福の時間を過ごしたのでした。

 リサイタルは盛況だったようです。
 アレンの“顔芸”に、会場から溺愛の笑い声が起こるし。アンコールの拍手もかなり長く続いたし。

 私の座席は、アレンが出入りする扉のちょうど対面に位置していたので、ステージに上がってくる時には必ず視界に私の姿が入っていたはず……プクク(*´艸`*)
 それに、何度か目が合っちゃったし……(*´艸`*)

 気持ち良さそうに歌うアレンを至近距離で眺め、ホールいっぱいに響き渡る美声に酔いしれて、これ以上の幸せはありません。

 歌唱についてのマジメな感想は後日まとめます。

スポンサーサイト


※このブログはお引越ししました。移転先ははコチラです↓↓ http://everydayopera.blog.so-net.ne.jp/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。